審査 在籍確認

審査のときの在籍確認ってなに?

オペレーター

カードローンを利用するためには審査に通らなければならないというのは本当ですか?

またその審査のときに行われる「在籍確認」とはどんなものなのでしょうか?

 

 

住宅ローンなどの他のローンと同様に、カードローンも審査に通らないと利用できません。
しかし他のローンと違い、契約時の審査に通れば、利用限度額の範囲内で追加でお金を借りるときには再度審査を受ける必要はないです。

 

審査ではこんなことが参考にされます

 

実際の審査の詳細についてはどのカードローンも非公表ですが、一般的には、生年月日、年収、職業などの基本的な事柄に加えて、信用情報機関に登録されている過去からその時点までの借入状況や返済実績なども参考にして、総合的な決定がされると言われています。

 

申し込み時に申告した内容に間違い(虚偽の申告)がないかもチェックされます。
信用情報機関に登録されている内容とともに、本当に勤務先に籍があるかも確認します。
「在籍確認」というのは、この勤務先での在籍を確認することをさすのです。

 

 

信用情報機関とは?

 

現在、次の3つの信用情報機関があります。

・全国銀行個人信用情報センター
・株式会社シーアイシー
・株式会社日本信用情報機構

 

クレジットカードやローンの契約・借り入れ・返済状況を、氏名、生年月日、住所などの個人を特定する情報とともに管理しています。
銀行やクレジット会社、消費者金融などはいずれかの信用情報機関に加盟して、顧客の利用情報を登録して共有することで、審査の際に活用できるようになり、貸し過ぎ借りすぎを防いでいるのです。

 

 

在籍確認はどんなことをするのか?

 

在籍確認は、勤務先に電話して籍があることを確認します。
本人が外出中でいなくても、そのことが分かればOKです。

 

勤務先の人にカードローンの申し込みが知られてしまうのでは?と心配する人もいると思いますが、問い合わせた担当者の個人名でかけるので心配は不要です。

 

「佐藤と申しますが、山田さんはおられますか?」

 

これなら安心ですよね。