カードローン 専業主婦

総量規制でも借りられるって本当?

スーツの女性

貸金業法の改定で2010年から、お金を借りられる総額を年収の3分の1までとする総量規制という制限ができました。

 

これはお金の貸し過ぎ(借りすぎ)よって多重債務に陥るのを防ごうという目的で設けられたのですが、借りられなくて困っている人を作ってしまったのも事実です。
ただ、総量規制が適用されない「例外」と「除外」と呼ばれるものがあります。

 

 

「例外」というのは

借り入れ総額が年収の3分の1を超えていても借りられますが、総量規制の借り入れ総額に加算されます。
そのため、「例外」での借り入れも含めた借入総額(残高)が年収の3分の1を下回るまで追加で融資は受けられません。

 

例1:配偶者貸し付け

 

配偶者の年収と合わせた夫婦の年収の3分の1まで借りられるというもの。
配偶者貸し付けなら収入のない専業主婦も融資を受けられます。
ただし、配偶者の同意および夫婦であることを証明できる書類の提出が必要です。

 

例2:おまとめローン

 

利用者に一方的に有利となる条件での借り換え(おまとめローンなど)は総量規制の適用外です。

 

この他にも、「個人事業主に対する貸し付け」や「緊急の医療費の貸し付け」なども「例外」にあたります。

 

 

「除外」というのは

借り入れ総額が年収の3分の1を超えていても借りられて、総量規制の借り入れ総額に加算されません。
「除外」での借り入れ(残高)が年収の3分の1を超えていても、総量規制対象の借り入れができます。

 

例1:住宅ローン、自動車ローン
例2:高額療養費の貸し付け

 

この他にも、「有価証券担保の貸し付け」「不動産担保貸し付け」なども「除外」にあたります。

 

 

銀行、信金、労金、農協などは総量規制の対象外

 

総量規制は貸金業法上での制限です。
貸金業法は、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業を対象としていますので、銀行、信金、労金、農協などは対象外です。
銀行のカードローンでは専業主婦も申し込めるものが増えてきています。